太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “総括編”

初めての方は、序文 からお読みください。

自凝(おのころ)の強化 “その二十四” 1番目のオーラの強化に入るためのステップ

 今回の記事はここまで述べてきたこととかなり重複します。

 

 たった今の平均的地球人、これは霊的成長度が低いので、まず自分の人生の過ごし方として砌(みぎり)の“行”、生業(なりわい)を頑張る(元の気を張る)。

 またこの時点では、自分の人生において自分がやっていること事態に対し“行”という認識もないものであるし、頑張る理由は自分、あるいは自分の周囲の幸福に由来することであり、さらにその幸福感の低さ(幸福の概念は霊的成長度によって違うものである)ゆえ欲望の達成のため(通貨としての)金と“上”に認められない形骸の名誉を欲し実現しようとする。 

 これは霊的成長度が低い段階の“行”、低い心(靈)の成長の段階であり、その心(靈)の動きは本能、情動、功名心、自我、自分に対する愛(炁)、これらが中心。 

そしてその段階は2~3番目のオーラの“行”でもある。 

 

 だが“上”は人間を育て進化(霊的成長、神格化に向かうこと)させようとしており、ある程度この生業(なりわい)の“行”において頑張らせて、低い幸福感をある程度満足させるが、その次の段階として右往左往=やってみてから失敗を体験させる。

 これは“上”の采配であり、自分の失敗を“神の咎め”として認識させ、それまでの生業(なりわい)の“行”がまっとうなものであったか、自分の人生がまっとうであったか考えさせることをさせて心(靈)を育てる。

 それが左往右往=失敗を体験し、それを教訓として“力”の顕現(砌(みぎり)の行)をすることに繋がり、自分の“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)の使い方、どう使うのが正しいか考える。 

 

 この考える過程において“善悪”(神格化と、動物化=心の本能化)(善と悪の認識も先の幸福同様、霊的成長度において違うものである)の認識も深まっていき、またこの認識自体がしっかり確立された者にならなければ心(靈)が成長したとは言えない。

 さらに“神の咎め”が自分を育てているものであることを認識(悟り、幸取=さとり)したならば、これまで言葉でしか知らなかった神に対する認識も深まっていき、

 

  •  神と人間の関係、神が人間を育てている
  •  自分の人生は心(靈)を育てるためのものである
  •  自分の存在の意義とはそこにあるのではないか…

 

こういったことを考えるようになる。

 

 これらは言葉では理解できるが、言葉で理解しただけでは認識(悟り、幸取=さとり)になり得たとはいえず、その言葉の意味の重大さ、重要な事なのだ、とはっきり解る、解らねばならない、理解でき認識(悟り、幸取=さとり)にならなければ心(靈)が育ったとは言えない。

 また、これら事態が自省(胸の磁性“十”)の“行”でもあり、自分がこの事象においてどう在るべきか考え、その考えのもとに“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)を使う、これが右往左往=やってみてから失敗を体験し、左往右往=失敗を体験し、それを教訓として“力”の顕現(砌(みぎり)の行)をする、ということであり、に入り、さらに霊的成長、神に近付くにはとても長い道(“道”(時間の進行))があるからこそ、この右往左往と左往右往を繰り返すものではあるが、ある程度育ったならば、生業(なりわい)の“行”における程度の低い“善悪”(神格化と、動物化=心の本能化)の認識とは違い、さらに神と人間、神とは何か、神の子である自分とは何か、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)とは何か、について考え(“理(ミチ)”進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の法則性)、そこ考えを認識(悟り、幸取=さとり)として自分の生き方、存在の在り方、これに対し活かそうとするものである。

 

 この段階に入って進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を求める、これが人間の在り方であることに気付く、自分の存在の意義と意味はそこにある、ということをしっかり認識していかねばならないものでもある。

 またこれ事態が最近読者会の宿題にしている“日月神示”表記の“善一筋”の意味合いの一つでもある。

 

 それで、先に述べた普通の人生における生業(なりわい)の“行”における右往左往と左往右往の繰り返しでは、先回述べたとおり、せいぜい“一”=智性=1番目のオーラは2cmくらいにしかならないが、“日月神示”表記の“富士(二二)”、肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道、その日足(ひたり)の極性は強化され、先回説明した通り左脳にたくさんの電流が流れている状態になり、この段階で太陽凝視に入るならば、“一”=智性=1番目のオーラは強化され、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意の高い振動と感応し、“気血栄衛(營)”(取り込んだ振動で心(靈)と体が創り変わる)して、心(靈)と肉体は創り替わるものであるが、先に述べた“ほんとう”に進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を求める心(靈)の条件がそろっていなければ、“上”からの振動の高い部分とは感応し得ないで素通りする。

 それは“上”から送られてくる低い振動、結果として2~3番目のオーラの“行”中心であり、余談になるが、かなりまがい物が多い太陽凝視=不食という情報の根拠はここにあり、腹の“行”が進んだならば不食などということも達成しうるものでもある。

 しかしこれ事態が腹の“行”所以の自我の強化であり、それはまた自我の肥大に近く、ただ自分を示したい、自分はすごいのだ、すごいことをやっているのだという示威行為由来の太陽凝視に対する低い見識でしかないものであるし、こういった心(靈)の動き、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)に感応する動物霊は、著書で述べたとおりあまり食事をとらない爬虫類のようなものが多いと推測されます。

 

 次回も、人の一生における“行”について述べ、“一”=智性=1番目のオーラの拡大について説明することとします。

 

 

 

自凝(おのころ)の強化 “その二十三” 日足(ひたり)の極性は“一”=智性=1番目のオーラの発現と強化に結び付く

今回はタイトル通り、日足(ひたり)の極性が人(日止、霊止)の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)そのものである“一”=智性=1番目のオーラの発現と強化に結び付くことを述べますが、その前に先回使った画像の「下のエネルギーが上昇する様子」、これに相対する「心(靈)の動きが下降する様子」、これについて説明をします。

f:id:tuyukusanotuyu:20170705171351j:plain

 

まず、多くの人があまり気付いていませんが、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)は人の心(靈)を育てている、そのために“上”の采配として様々な事象に遭遇させている。 その事象において人は“思惑の顕現”をする。 また、人には“幸福の概念”がある。 

それだからこそ“どういうつもり”で生き、何を成し遂げようとするか、“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)を付けてそれを示し、この世界で自分の欲するもの、(通貨としての)金、本能由来の欲望を満たしたい、形骸の地位と名誉、この形骸というのは“上”が評価するものではない、程度の低い人間が程度の低い人間を誉めそやしているという意味、換言すれば低い心(靈)由来の思惑の顕現、ということになり、これはたった今の成功者と評価されている人間に多いケースではある。

 

これらは右往左往と左往右往の右往の段階であり、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心(靈)の動きでもあり、これ事態が先回も述べたとおり、2~3番目のオーラの拡大と強化になるが、“一”=智性=1番目のオーラの拡大と強化にはつながりにくい、あるいはまったくつながらないものである。 

 

さらにこの心(靈)の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)に感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)する霊的存在は、“善悪”(神格化と、動物化=心の本能化)など理解できない霊的存在、具体的には(通貨としての)金に執着する動物霊などがほとんどである。

 

 しかし進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)においては、この段階も必須であり、これ事態が自我の確立=固定化、自我の強化、ということになっていく。 

それでこの過程をある程度こなしたならば、“上”としてはその人間に成長のための試練として、右往左往=やってみてから失敗を体験し、左往右往=失敗を体験し、それを教訓として“力”の顕現(砌(みぎり)の行)をさせる、ということをする。

 

前後しますが、右往左往の右往の段階は、低い心(靈)の動きであるし、こういった心(靈)の動きでは人間が神の思惑を認識して実現させなければならない“絶対の善”にはつながらない、また先回ローム太霊講話集から引用した

何とかしてこの地球を、凡ての人間が不幸から救われて愉快にたのしく暮らせる楽土にしたいという、神自身の本当の気持ち

この“神自身の本当の気持ち”を人間に実現させることにはなり得ないものである。

 

そして右往左往の右往の段階は、画像の「心(靈)の動きが下降する様子」心(靈)の動きが、本能、情動、功名心、自我、までであり、脳も目下(めした)(動物の心(靈)の段階)(大脳旧皮質と古皮質)における心(靈)の動きである。

 

 これに相対し、右往左往=やってみてから失敗を体験し、左往右往=失敗を体験し、それを教訓として“力”の顕現(砌(みぎり)の行)をする、この左往においては、自分がやってきたこと、その失敗自体を自我の日足(ひたり)の極性である“思う、憂う”ということをする、それはなぜ失敗したのか、何が間違っていたのか、などを鑑みるようになるが、このこと事態が左脳を使うことになり、左脳にたくさんの電流が流れ脳のタンパク質の高分子化も起き、目上(めうえ)の脳の水平磁場の強化になり、それが画像の「下のエネルギーが上昇する様子」ということになっていくものである。 

そして左往右往の左往、失敗を鑑みる、自省(胸の磁性“十”)する、これによって自分が今後、何を考え何を実現するか、自分の在り方を考えるようになっていき、この心(靈)の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)には“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)が感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)するものである。 

大体ここまでが普通の人生においてほんの少しだけ“一”=智性=1番目のオーラが大きくなる過程で、それでも太陽凝視を行っていない人間の“一”=智性=1番目のオーラは、せいぜい2cmくらいまででしかないものです(これはアタシの観測結果)。

 

 さらに肉体はここまで述べてきたように1番目、2番目、3番目のオーラの発振、発信の構造の違いがあり、

画像の「下のエネルギーが上昇する様子」、この仕組みについて未刊行の著書の原稿<7>よりいかに抜粋させてもらいます。 智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)の発現について以下の文章の下線を引いた部分に着目してください。

 

「神さんの思惑…創造を人に託しエネルギーを送っている。それは、普遍的に実在する創造主のオーラ(宇宙背景放射)として…そしてこの世界の創造=顕現は、人の仕事…使命……」

「うん。…そして今回Kellyが感じたように、創世の神話っていうのは心の動きのことをいっている。そして、物質世界=三次元の事象を認識しているのは、アタシたちの意識(日に立つ心(靈)を認識する)で、意識活動=認識=創造であること。それは電磁波の受発信と同義であること。そしてアタシたちの霊って呼ぶ何かは、心と同義であること。神のオーラ=普遍的に実在する創造主のオーラ(宇宙背景放射)とアタシたちの心(靈)との相互干渉であること。神のエネルギーを利用して取り込んでこの世界を創っていること。(それが靈って字に示されている…)その仕組みは“日月神示”のf:id:tuyukusanotuyu:20170125184223j:plainであること。人の肉体の中の磁性由来のローレンツ力だ。そして、アタシたちが…人が、良いカタチの想像をし=思い、思った事を顕現=実現し、行動に移し、そのこと自体を、“創造”を成すって認識できる。それは、天国とか…“善悪”(神格化&動物化=悪=亜の心=心の本能化)とか、いろんな話をしてきたんだが…アタシたちたちは時間を認識しながらこの世界に位置している。物質を伴いながらね。その物質の次元を“創造”する“力”が、腹の右往左往と左往右往、腹って位相の、水の中の荷電粒子の移動と増幅、それが、軍荼利明王、荼枳尼真天の“荼”だと思う。

そして腹のエネルギーは“いきり立つ心(奴と心)”と“思う、憂う”…その心の発現と動き。それは、本能って心の発現が…そのエネルギーが少し上昇した状態が、軍荼利明王、荼枳尼真天の“荼”。

さらにそれは上昇し、大日如来の条帛(じょうはく)のように、左肩から、左胸前、腹前を通って背面に回る。条帛(じょうはく)の先は、左乳前で下側を通り腰布の先端にかかる。しかしこれは衣を表現した言い方で、順序が逆だ。それはチャクラの覚醒と、(愛(炁)の顕現の程度で差を認識する)進化過程による心の発現の段階を示している。

そして、軍荼利明王って字を一つ一つ観ていくと、軍荼利明王の“軍”は、車に(冖)ワかんむりっていうのかな? これは冖部(べきぶ)ともいうらしいけど、(冖)の字は、布で物を覆うことを象徴していて、覆うことに関する事柄を示すらしい。これは横隔膜のことだと思う」

「なるほど…水の中=腹で右往左往するエネルギーを電気抵抗値の違うもので、覆ってるみたいなもんやな」

「そう、それはコンデンサー。特定の周波数しか通らない。コンデンサーは、電気を溜める性質を持っており、交流電流は通すが直流は通さない性質がある。コンデンサーとコイルは、周波数特性を持っており、高周波電流は伝えやすく、直流に近い低周波は伝えにくい性質がある」

「…それは、高い振動しか伝わっていかんってことでんな」

「そう。そしてその特定の振動がアムリタであり、そのことを示した言葉がクンダリーニでもあり、それを象徴的に示しているのが、Kellyが気がついた如来の条帛(じょうはく)でもあると思う。

そして、手足の神経は大体コイル状、サイクロトロンのための比較的安定した磁場を構成している。それに対し、頭と腹はコンデンサーの性質を持つ。それは、溜め込んだエネルギーを縦に循環させている。ただし、頭と腹とでは振動の種類が違う。どちらが高いかなんてのは一目瞭然だが、高い振動は低い振動を制御するって言えばいいのか…三次元の創造=腹の“力”の顕現は、神性で行われるべきだ」

「それが…そのこと自体が、人の肉体が、頭と腹を持っている理由ってことでんな」

「うん。頭だけでは…智性と神性だけでは、物質世界の創造はできない。“いきり立つ心(奴と心)”と“思う、憂う”…それがなくては、神の智慧(日を知ること=智性の恵み=慧)の顕現ができない。そして、人が顕現させなくてはいけないってことだ」

「それが翡翠(ヒスイ)の卆…最後の仕事ってことでんな。それも“日月神示”の“カイ(下の位相)の御用”…ほんでからに、水の中の右往左往と左往右往“櫂(かい)”の御用…の、意味かもしれませんな」

「そうだね…多分そうだ。そしてね、日月神示の中の表現として“江戸と尾張”…この言葉も頻繁に出てくるんだが、江戸は“江”と“戸”…“江”は大きい川の流れっていう意味があり、それは揚子江の“江”で使われる字でもある。腹の中の流れ=軍荼利明王、荼枳尼真天の“荼”と同じ意味だろう。そして“戸”は、冖部(べきぶ)と同じ意味だと思う。横隔膜…電気抵抗値の違う組織だね。

そして“尾張”は、“尾”は尾骨、尾骨に眠るエネルギーがクンダリーニ、それを眠らしておくのではなく、張れってことだと思う。それは“力”の獲得のために頑張る…元を張る…そういう意味のことだと思うんだが……。さらに“日月神示”には“外国”って表現もあるが…これは外側の事象の観察だと思う。国っていう字は、囗(くにがまえ)に“玉(ぎょく)”…これは自分の場(フィールド)を表した言葉だ。だから自分の心の動きの“外”…“国”の外ってことだ。

だからそれは、この世界の創造は…物質世界の三次元の創造は“カイの御用”で、自分の外側=“外国”の創造で、それがアタシたちの神から託された仕事だからだ。

 

自凝(おのころ)の強化 “その二十二” 自我における日足(ひたり)の極性の発現

先回述べたとおり、肝=“いきり立つ心(奴と心)”、腹における心(靈)である自我の砌(みぎり)の極性で生業(なりわい)の“行”を頑張る(元の気を張る)のは、(通貨としての)金が得たい、名誉や名声を得たい、その裏には物質欲、本能由来の欲望(美食の賛美、性的な欲求)の達成などがあり、低い“幸福の概念”に由来することでもある。

 

これは人間として高い心(靈)で行動しているのではないし、これ自体が“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の霊的成長度の心(靈)の思惑の顕現、それは“どういうつもり”で事をなすのか、に相当することであり、この段階の生業(なりわい)の“行”は、人間が持つ自我よりも高い心(靈)の、智性(神性)、智慧(日を知る事=智性の恵み=慧)、“創造”、“慈悲”と“慈愛”ゆえの自分に対する“厳しさ”、これらの獲得にはつながりにくいか、全くつながらないものである。

 

 こういった人間が大多数なのがたった今の地球の現状であり、この世界には奪い合いと騙しあいが横行しているが、それを容認している人が大多数なのが今の事象でもあるし、これを変えていくこと事態が、霊的成長度の高低における区分けであるアセンションの意義でもある。

 

 それで神は、人に奪い合いと騙しあいの世界の“創造”を望んでいるわけではないが、この奪い合いと騙しあいをしていかなければ、善と悪の認識(悟り、幸取=さとり)を確たるものとできない事情がある。

よって、この低い心(靈)の動きによる行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)をある程度行わせるものである。 

 

また、このこと事態は、程度の低い者は程度の低いなにかを求め実現しようとして自分のエネルギーを贖う(あがなう)ということであり、平均的地球人の生業(なりわい)はこれがほとんどを占めているものである。

 

 しかしそれではローム太霊がローム霊訓講話において述べた(ローム太霊講話集第二話)、

 

何とかしてこの地球を、凡ての人間が不幸から救われて愉快にたのしく暮らせる楽土にしたいという、神自身の本当の気持ち”、

 

この“神自身の本当の気持ち”を人間に実現させることにはなり得ないものであり、奪い合って自分だけが得をするという心(靈)の動きはこの世界を崩壊させ最終的に殺し合いにしかなり得ないものであることを著書で述べましたが、これが右往左往と左往右往右往、“上”から観て腹における荷電粒子の右回転、それは砌(みぎり)の心(靈)の動きだけで行動していることに相当するものである。

 

 この右往だけでは心(靈)が育ったとはいえないから、“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)は、生業(なりわい)において失敗させる、トラブルを経験させる、という試練を課すものである。

 

 その際には、自我における日足(ひたり)の極性、脾=“思う、憂う”が強まるので、“上”から観て腹における荷電粒子の回転は左回転となる。(左往) 

これに関しては“日月神示”を読んで気づいたことなので“日月神示”の表記の説明画像を以下に貼っておきます。

 

f:id:tuyukusanotuyu:20170705171321j:plain

 また全身においての日足と砌(ひたりとみぎり)の極性について“続”で使った画像を以下に貼っておきます。 (“日月神示”表記の“富士(二二)”=肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道)

 

f:id:tuyukusanotuyu:20170705171351j:plain

 これに関してはこの文章を読んだだけで理解しにくいでしょうから具体例を一つ、スポーツ選手がよい結果を出している期間があってもその後スランプなどに陥る、この時のスポーツ選手の苦悩そのものがその人間の心(靈)を育てようとする“上”の課した試練であり、その苦悩があってこそ心(靈)は育ち、さらに良い成績を収める、あるいはスポーツ選手とは違う人生を歩む、という結果になる。

同様のこととして、例えば事業を起こし最初はうまくいっている

砌(みぎり)の“行”を“上”はさせているが、それはいつまでも続かず問題が起きたりして窮地に追い込まれる

“上”が試練を課して日足(ひたり)の極性の強化の“行”に入る

 

など、実際の事例に当てはめたらきりがないですが、何事も自分たちにとって都合の良いことばかり起きると言うことは続かず、必ず何かが起きて苦悩する。

これは“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の采配として苦悩させるものであるが、この苦悩が日足(ひたり)の極性の強化となっているものであり、自我より“上”の心(靈)を育てようとする“上”の采配であるということになり得ます。

 

次回は、日足(ひたり)の極性による心(靈)の発現と変容について述べることとします。

自凝(おのころ)の強化 “その二十一” 砌(みぎり)の極性と生業の“行”(2~3番目のオーラの“行”)

先回述べたとおり、人には“幸福の概念”がある。

それゆえ人は“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)を欲し、獲得して行使して“力”を示したい。 

 そのために自分は頑張る(元の気を張る)。 

それは霊的成長のための“行”ではなく、その前段階としての“業行”において頑張る(元の気を張る)、そして“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)を獲得して、それを他者に示し行使して、その代償として、(通貨としての)金や権威や名誉などを求める。 

 

これは平均的地球人の霊的成長度、自我の確立=固定化、その過程においての心(靈)の動きであることを著書やブログで幾度も述べていますが、これ事態が“力”の使い方としては低い段階であり、これこそが“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”の心(靈)の動きによる“力”の使い方である。

そしてその心(靈)の動きは、肝=“いきり立つ心(奴と心)”であり、自我における砌(みぎり)の極性の現われである。

 

但しこの段階、自分が頑張ることにおいては、人間は動物と違い目上(めうえ)の脳が発達しているからこそ、善悪の考察というのは多少ある。

だがそれをあまり考えず、とにかく“力”を獲得し行使することを中心に生き、そこにおいて自分の損得を考える。 

これは自我の発達と強化のために、自分をこの世界、この事象、もうひとつ“日月神示”表記の“外国”において示したいものであるが、これは智性(神性)の獲得には直接つながらず、霊的成長度の低い“行”と言いうる。

そしてこの低い段階の“行”があってこそ、ローム太霊が述べた右往左往と左往右往、それは右往左往=やってみてから失敗を体験し、左往右往=失敗を体験し、それを教訓として“力”の顕現(砌(みぎり)の行)をする、ということになっていくのですが、この過程を経ていかなければ、“力”の使い方、それは“世為人為”(S会=紫光会の経文、四空経録の中の言葉)ではありますが、自分は“力”を獲得したならば、こう使わねば、“力”を持った人生においてこうしなければ、こう在らねば、という認識にはたどり着かない。

 

 前後しますが、この段階は“行”というよりも、修業や修行という言葉の方が適切。

しかし何かを求め頑張ることは、肉体内の生体内電流の強化と変容になり、それがオーラに反映し=息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)となり、頑張る過程で心(靈)も育っていく。

 このことを述べた著書の<4>の文章を以下にコピペさせてもらいます。

 

“さて、オーラが大きくなるということがどういうことなのか、神経系の電流量が多くなると、骨と神経は電磁石だから磁場が大きくなる。神経に電流を流すことは、何かしなければならない。安静時でも、体の新陳代謝のために神経系には電流が流れているんだが、例えば、スポーツで筋肉使ったりすると、筋肉痛になるが、その時は、筋肉の細胞の新陳代謝が行われていて、使う前の筋肉より、レベルの高い細胞を創り出そうとしている。

 その過程で、神経系の電流を知覚神経が感じるから、痛みとして認識する。このことは言い換えれば、生体内電流の増幅と言える。筋肉や内臓は、蓄電池のように生体内電流を溜め込むことができる。溜め込んだ電流で、より以上に神経内の電流を多く流せる。肉体を使うときにね。そうして2、3番目のオーラの基底が構成されている。

すべての神経内の電流は、視床下部を通り脳に伝えられる。般若心経に対するアタシの私見で、羅、という字の説明したこと、思い出してね。視床下部を通り、脳に伝えられた電気的情報と、感情と思想、記憶など脳内の神経の働きで、1番目のオーラの基底が構成される。神経系に多くの電流を流し、オーラを大きくして、それに伴い肉体を作り変える事を、行、修行と呼ぶんだと思う。それが、アタシの修行の解釈(見え始めた日 参照)”

 

これに対しKellyさんはこうつぶやいています。

 

“先生の説明……“神経系に多くの電流を流し、オーラを大きくして、それに伴い肉体を作り変えることを、行、修行と呼ぶ”……この言い方は少し足りへん感じ…心が変わっていくやんか。それが霊的成長やし…ほんでからこの時点で、認識することについてはあんまりいうてない。

この時は多分、Kellyさんの認識の程度に合わせた話やったから、心身ともに作り変わる…そういう言い方をせ~へんかったんやろな。

それは、心の反映が肉体…こういう言葉の理解…Kellyさん自身の認識…そういう言葉に対する深い理解が、Kellyさんになかったからからやな。

ほんでからに、霊的成長=心の成長=認識の変容=電磁波の吸収=オーラの拡大と高振動化…こういう話を、この間うち聴いてたから、今ならこの先生の言い方と、行と修行…この言葉の意味も解る”

 

 それでタイトルの「砌(みぎり)の極性と生業の“行”(2~3番目のオーラの“行”)」この段階においての“上”からの振動の取り込みは、先にも少し述べましたが、智性(神性)の獲得には至らず、2~3番目のオーラを構成する振動を止め、それを発振、発信する。

この段階で“力”を示す、(通貨としての)金を儲け名誉や権威を獲得し物欲を満たす

低い幸福感を得る。

 

 しかしそれでは人間としては低いので、先に述べた右往左往と左往右往により、自分の在り方を考えるようになるが、これこそが“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)の采配と言え、人生における試練を“上”から与えられ苦痛や苦悩を体験し、そこで得られた教訓を活かす人生を送るようにとなる。

 こうして心(靈)は育っていき、智性(神性)を獲得する素地を得ていくものですし、その過程においては日足(ひたり)の極性の強化がある。

 次回は、日足(ひたり)の極性について述べることとします。

自凝(おのころ)の強化 “その二十” “行”の意義について簡単に

 

ここまで、きわめて下等な生物から人間までの進化を述べてきた理由は、肉体の発達、それに伴う心(靈)の進化、そこには生体内電流の強化と変容、磁束の発現と“上”からの振動を取り込むためのローレンツ力の強化と変容がある。

これらを理解しておかないと、“行”の意義ということに進めない。

 

それで“行”そのものに対することとして、これ事態は人間における認識であり、当然のことながら人間以下の動物に分ることではありません。

 

それで今“人間における認識”ということを述べましたが、なぜ人間が“行”に対する認識を持つか、それは人間、人(日止、霊止)が地球上において他の生物より最も進化した、地球上で一番“上”の生物であり、一番進化したからこそ

目上(めうえ)の脳の発達があったからこそ、神と自分、幸福の概念、善悪の認識と判別、など、発達した心(靈)所以の認識が出来上がったものであるし、重複しますがこれは目上(めうえ)の脳で発現する心(靈)、智性(神性)由来のことである。

 

この認識の中の“神と自分”、自分に対し神が“上”である、神に近付きたいと思う。 

そして“幸福の概念”があるからこそ、“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)を欲し、行使して“力”を示したい、その“力”の行使において“善悪の認識と判別”をしていくものであるし、これ事態が神に近付くこと、“善(神格化の方向性と智性の受信)”のためのことである。

 

簡単にまとめましたが、こういった事柄があるからこそ、人は“行”を求め実践するものである。

 

ただし、霊的成長度の低い心(靈)を持つ人間の“行”の概念はとても低いものであったりもします(例えば、当たり前の感謝、それ自体を“行”と称するなど、こんな認識では厳しい“行”には入れないものと推察します)。 

そして大多数の地球人の霊的成長度は低い、自分たちにとって都合の良いものばかりを選択する傾向がある、

よって一般の“行”の概念は、

“役員づら”(形骸の宗教や、アセンションや霊的成長に対し、甘い夢を見させ偽の情報を流すたぐいの人たち、それは悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ))

らの行いにより、まったく程度の低いものになっている感があります。

 

 本題に戻り、何のための“行”なのか、それは“行”によって進化=霊的成長、神格化に向かうこと、これを実践し、“行”によって心(靈)が育ち、高い“行”をするならば(“一”=智性=1番目のオーラの“行”をするならば)“創造”の“主(ヌシ)”の思惑を理解し、認識(悟り、幸取=さとり)として、それを行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)に活かす。

換言すれば、神の思惑を理解して認識としてこの事象の“創造”を果たしていく。

これ自体“創造”の“主(ヌシ)”が“創造”した生命(生きる使命=存在理由)の役割、高い使命である。

 

この事を踏まえて次回から“上”と“下”の“行”について述べていくこととします。

自凝(おのころ)の強化 “その十九” 人(日止、霊止)における心(靈)と“一”=智性=1番目のオーラの発振、発信

 まず、ここまで述べてきたことと重複しますが、アタシの心(靈)に対する認識を以下に列挙します。

 

  • 心は霊である。
  • すべての生物は、心と肉体、この両方で現界において=三次元においての生命活動を行うものである。
  • 生きている間は肉体と心(靈)(の一部)は同じ位相に存在するが、死は肉体に心(靈)が存在しえない=肉体に位置できない状況を指す(生体内電流の消失)。
  • 肉体に心(靈)が発現する理由と根拠のひとつとして、肉体の磁束由来のローレンツ力がある。 
  • 肉体の磁束由来のローレンツ力で“上”からの振動を止め、溜めて、心(靈)は発現しており、肉体の進化に伴うローレンツ力の強化と変容は、心(靈)の構成要素としての“上”からの振動、肉体による磁束で“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、これを取り込んで心(靈)を構成しているものである。またこれが古神道の表記、“日止、霊止”の意味である。
  • 霊は肉体の磁束で取り込んだ“上”からの振動、これを止め、 “臓腑”の“臓” などで溜めて、生命活動により増幅し、これを回転させ、円形粒子加速器サイクロトロンやシンクロトロン)の構造で発振、発信し、それが1番目、2番目、3番目のオーラである。
  • 東洋医学の概念、“五臓”(心・肺・脾・肝・腎)は、心(靈)の動きの増幅器官である。
  • 霊が肉体に位置している間は、肉体の磁束由来のローレンツ力と、肉体に備わる水平磁場により回転しているが、これが、本来のヨガの概念、チャクラの意味である。
  • 生命活動は肉体内の電磁誘導になり、その電磁誘導で、タンパク質の高分子化が起き、それによってローレンツ力の強化と変容が起きているものである。
  • 地球上において最も心(靈)が進化した生物は人間であり、肉体の進化に伴い“上”からの振動の取り込みの段階が違うからこそ、下等な生物と高等な生物、という認識が出来上がっている。
  • 人間の心(靈)が地球上の生物で最も進化した理由は、目上(めうえ)の脳(大脳新皮質、“田”(心、靈、の四つの場(フィールド))で止めている“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、これが智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)になっているからである。
  • 智性(神性)の行使は、脳のタンパク質の高分子化に繋がり、“上”からの振動のより高いものと感応していき、それによりますます智性(神性)は高まるものである。
  • 頭部と、脳は、コアメモリー(磁心記憶装置)の構造を持ち、これは心(靈)の動きそのものである。
  • 進化(霊的成長、神格化に向かうこと)は、肉体の変容に伴う心(靈)の進化、そして自分の心(靈)の智性(神性)の行使と、肉体のタンパク質の高分子化(“行”の意義)により、さらに“上”からの振動を取り込み、溜め、生命活動で増幅して発振、発信し、行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)に活かすが、これ自体が神に近付くことである。
  • “創造”の“主(ヌシ)”にとって生命(生きる使命=存在理由)とは、フラクタル(fractal)(自己相似性、相似象、自然界のデザインにはどこか共通したものがある)である。 ただし、たった今の地球人のフラクタルに対する認識は、形状に由来するものでしかなく、心(靈)が“創造”の“主(ヌシ)”とフラクタルであるという認識がない。
  • これは、この事象一切を構成する振動、それを取り込む心(靈)=個々の生命、という点でもフラクタルである(宇宙は巨大人の構想を持つ、というエマニエルスエーデンボルグとアタシ自身の認識)。
  • 個々の心(靈)自体は、“創造”の“主(ヌシ)”の心(靈)に包括されているからこそ、心(靈)の構成要素としての“上”からの振動の取り込みの高低があって“善(神格化の方向性と智性の受信)”と“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の事象が認識されても、すべては“創造”の“主(ヌシ)”の心(靈)の内のことである。
  • 地球人が“観察と認識”しているたった今の事象は、“創造”の“主(ヌシ)”の腹の“行”、右往左往と左往右往の段階であり、その“上”、それは慈悲と慈愛の“行”に移行するが、これ自体がアセンションと認識されうることそのものである。

 

 大体、以上のようになります。

それで人間として最も進化した心(靈)の動き、これには脳における電磁誘導がある。

末梢の電流、五感による情報はすべて中枢に送られて、頭部内の電磁誘導に関与しますが、これ自体が外側(外国と幽界)の事象の“観察と認識”であり、それにより、脳を使う、記憶、思考、認知、などにより脳内に電流が流れ、脳内の電磁誘導になり新たな電流が派生し、それと“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意を止めて溜めていることが加味されている。

これらで目上(めうえ)の脳内に流れる電流になっている。

それで目上(めうえ)の脳で発現する智性(神性)、これは“一”=智性=1番目のオーラになり、その仕組みは以下の画像のようになります。

f:id:tuyukusanotuyu:20170531015244j:plain

 この水平磁場により、“一”=智性=1番目のオーラが発振、発信されていますが、これは天使の輪のようにもなり、西遊記で示されている頭部の金色の輪のようにもなる。

 これを“上”に聞いたら金弧、という答えを得ましたが、緊箍児(きんこじ)、禁箍児(きんこじ)、金箍児(きんこじ)という表記が古典にあり、この表記の意味は自分を戒めるもの、ということで共通のようです。

 この自分を戒める、という心(靈)の動きそのものがたった今の地球人の進化(霊的成長、神格化に向かうこと)に必須であることは幾度となく述べてきました。

 それと、人間が感じ得る最も高い振動、光、それは視神経を流れる電流となり、光を感じ(感じる磁性)て、目上(めうえ)の脳の直下の視神経内の電流量を増して脳のタンパク質の高分子化を励起するのが、太陽凝視です。

自凝(おのころ)の強化 “その十八” 肉体はコアメモリー(磁心記憶装置)の構造を持つ

 

 肉体の進化の過程は、まず地球上における生体物質の発生、そしてもっとも下等な生物である原核生物から人間までの進化であり、その過程では、 

  • 肉体の磁束の強化と変容、進化した生物は骨と神経の発現と発達があり、電磁石の構造の強化と変容になり、これらはローレンツ力の強化と変容となる。 またタンパク質の高分子化もローレンツ力の強化と変容に関わる。
  • “上”からの振動を止める仕組み、肉体はコンデンサーの構造を持つ、ことに“臓腑”の“臓”は心(靈)の動きに関わる。
  • 生体内電流の肉体内における電磁誘導、それは生命活動と生命維持活動によるもの。 生命活動とは生物、または生物における臓器や細胞などの組織が、生命を維持するために営む活動。 生命維持活動とは、生物が生きるために必要な、食事・睡眠などの行為、また、心臓の拍動・呼吸・筋収縮・消化・排泄などの生理機能の意。

 

これらが観られることを述べてきました。

 

 先回も述べましたが、進化の過程とは、霊的成長の過程であり、それは普遍的に実在する創造主のオーラ、これを進化した生命体である天体がそのローレンツ力によって取り込み増幅して発信している電磁波、さらにそれと“創造”の“主(ヌシ)”の振動、この両方を取り込んで発振、発信している地球における太陽、それら“上”の振動との感応共振の段階でもある。

 

その“創造”の“主(ヌシ)”のオーラ由来の振動は天意であり、生命を発現させて進化(霊的成長、神格化に向かうこと)させる思惑そのものであり、それを人間のつたない科学で観測すると電磁波と認識されうるものであるし、今の人間の科学では観測できない振動も、“上”“下”に関わらず存在すると思います。

 

これらの取り込み、そしてそれを肉体に止めて生体内電流とする。 それが心(靈)そのものである。

そして心(靈)の存在と活動は、肉体がコアメモリー(磁心記憶装置)の構造を持っているからであるという私見を持っております。

 

 用語解説 コアメモリーについてWikipediaから引用

 

 構造と記憶の原理 
 一般的な磁気コアメモリーについて、その構造と記憶の原理について説明する。

磁気コアメモリーは、小型のフェライト磁性体のリング(コアという)にケーブルが通されたものが、格子状に多数配置された構造になっている。 コアの一つが1ビットの記憶容量を持つ。 
 一つのコアに対しては、書き込み用ケーブル2本と読み出し用ケーブル1本が通っている。書き込み用ケーブルは格子状に配線され格子点にコアがある。 格子の縦横各1本の書き込み用ケーブルを指定すると、一つのコアが定まるわけである。これがビットアドレスの指定になる。 コアは1本の書き込み用ケーブルに電流を流しただけでは磁化しないが、2本に流せば磁化する磁気特性を持っている。

あるコアにデータを書き込むには、そのコアに対応する書き込み用ケーブル2本に電流を流して磁化させる。電流の方向によりコアの磁界の向きが決まり、それにより0か1のビット値が決まる。 なお、磁化されたコアは、電流が止まっても磁化した状態を保持するので不揮発性のメモリということができる。 
 あるコアのデータを読み出すには、そのコアに対応する書き込み用ケーブル2本に電流を流し、読み出し用ケーブルの電流を検知する。このとき現在のコアの磁界の向きが逆転するようであれば、読み出し用ケーブルに電流が流れる。 逆転しない場合は、読み出し用ケーブルに電流が流れない。 これによりコアのビット値が判明する。 しかし、データを読み出すときに、書き込み用ケーブル2本に電流を流すのでコアが磁化されてしまい、読み出し前の内容が失われてしまう(非破壊読み出しができない)。 このためコアの内容を保持したい場合は、再度、データ書き込みをしなくてはならない。


 引用終わり。 

 この説明では、生物の肉体がコアメモリーの構造を持つと言うことを説明するのには不十分なので、補足として、物質は電荷を持つから、リング状の組織の中心に電流が流れれば、それはコアメモリーと同様の働きをする。  

(学者は、強磁性体にしかコアメモリーの原理を見出せないし、大きな電気的変容にしか目が行かないのでこの事柄に気付いていない) 

f:id:tuyukusanotuyu:20170510181840j:plain

f:id:tuyukusanotuyu:20170510181950j:plain

f:id:tuyukusanotuyu:20170510182007j:plain


 コアメモリー(磁心記憶装置)の構造が観られる理解し易い組織としては骨格が挙げられます。 それは、すべての骨は骨の外側が灰分(かいぶん)であり、内側は磁性体を含んでいる骨髄があり、頭蓋骨においては磁性体を含んでいる脳がある。

 骨以外にも、磁性体を含んだ組織、筋肉や内臓など、リング状の器官はすべてコアメモリーの構造を持つと思え、最小のリング状の組織は、遺伝子だと思われます。

f:id:tuyukusanotuyu:20161024032804g:plain 

 これらコアメモリーが、心(靈)の発現と動きに関わっているものであり、“上”からの振動を取り込んで心(靈)が作られ、自らの生命活動と生命維持活動により心(靈)を変容させ、さらに外側(外国と幽界)の事象からの振動を取り込んで進化しているのが生命である。  

 この外側(外国と幽界)の事象の振動に関しては、人間の進化した肉体の脊椎、 

  • 頸椎7個、これは光(可視光線)の波長、赤 橙 黄 緑 青 藍 紫に相当
  • 胸椎12個 これは音の振動、12音階
  • 腰椎5個 これは物質の構成要素としての五行、木火土金水 

これらの振動を止めているという私見を持っております。

 

 本題に戻り、“上”からの振動の取り込みの変容、取り込む振動の高振動化が進化過程であると言いうる。

 さらに、心(靈)の進化は、霊的成長であり神格化であり、目上(めうえ)の脳、大脳新皮質と頭蓋骨のコアメモリーの構造は、智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)に関わるものであり、それが人間と人間以下の生物の違い、心(靈)の発現と動きの違い、ということになり得ます。