太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “総括編”

初めての方は、序文 からお読みください。

神に対しての認識の無さ “その一” 神など無いと思う人

 先回も述べた通り、多くの人間は神と悪魔に対しての認識などほとんど無いに等しい。 それで今回から平均的地球人、ほとんどの地球人、これらの人々の神と悪魔に対する認識の低さ、これを指摘していきます。 

 まず、神などいない、霊など無い、死後の世界など無い、と思っているまったく霊的成長度の程度の低い心(靈)の持ち主、これは自分がどういった存在なのか、何のために生きているのか、自分が生きているということはどういうことなのか、などに対して、目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の心(靈)、本能由来の欲望、これが主体の考えと思想、そして低い功名心と自尊心、その価値観と既成概念でしか“観察と認識”していないと言い得ます。

 またこれはローム太霊講話集の第二十一話の、

親が勝手に産んだのだから俺は仕方なしに生きて勝手なことをするのだという、動物的なあたまの持主

に相当するものと言えます。 

 さらにその“仕方なしに生きて勝手なことをする”というのが、先に述べた“本能由来の欲望、これが主体の考えと思想、そして低い功名心と自尊心、その価値観と既成概念”であるといえ、こういった人間は自分の“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)の使い方に対し、自分がどう在るべきか深く考えない、あるいは考えたことすらない、それは“世為人為”(S会=紫光会の経文、四空経録の中の言葉)には相当しない、ただ自分の欲望の達成のために“力”を付けそれを行使することしか考えないものである。

 こういった人たちでも、その人の霊的成長度において“神の采配”があり、人間が自分の一生において神を意識する、神とは何かを考える、その機会は、自分がひどい目に遭った、頑張っても頑張っても結果が出ない、など、こういったこと事態が自分を育てている“神の采配”であるが、これこそ体験してから考えることであって、その体験が無ければ神と自分の関係など考えたことが無いのが一般の人たち=平均的地球人の霊的成長度における神に対する“観察と認識”であるといえます。

 

 また、唯物論者、無神論者、という方々がおられます。 これについてまずWikipediaの解説を紹介します。

 

唯物論(ゆいぶつろん、英: Materialism、独: Materialismus)とは、 観念や精神、心などの根底には物質があると考え、それを重視する考え方。

無神論(むしんろん、英語: atheism、ラテン語: atheismus)は、世界観の説明に神の存在、意思の介在などが存在しない、または不要と主張する考え方である。

 

 唯物論の“観念や精神、心などの根底には物質がある”、この論理はアタシ的には到底理解しがたいし、心(靈)の発現については「“ほんとう”の進化論」で説いた通りであり、肉体の死には生体内電流の消失が観られることについて、唯物論では説明がつかないと思います。 

 また心(靈)の成り立ちについては“上”からの荷電粒子、これは神の一部である。 それは

  •  “創造”の“主(ヌシ)”の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)
  •  普遍的に実在する創造主のオーラ(宇宙背景放射と認識されている現象)
  •  “上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意

であることを述べてきており、個々の心(靈)の霊的成長度の高低において自分の心(靈)に止め活動する心(靈)は、相違がある。

 そして振動の性質として、人間が電磁波を利用して情報のやり取りをするように、“上”から注がれる荷電粒子にも神の思惑や神の智慧や知識などがあり、これは通信でもある、これによって個々の心(靈)は成り立ち、それにより意識活動があり、その活動と言える“観察と認識”は、一切の生命の性質と言え、その性質は進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の程度によって違うものであることも述べてきました。

 次に無神論の“世界観の説明に神の存在、意思の介在などが存在しない、または不要と主張する考え”の“神の存在、意思の介在などが存在しない”ならば、「“ほんとう”の進化論」で説いたことが当てはまらないし、どんな下等な生物にも、あるいは生物以外にも人間に相当する心(靈)があってしかるべき、ということになり得る。 よって生物を形状で分類したダーウィンの進化論すら説明できないということになり得ます。 

 そして“世界観の説明に神の存在、意思の介在などが存在しない”ならば、人間がなぜ“善悪”を思うのか、なぜ良心があるか、それは神に近いか悪魔に近いか、という概念や考えを持つのか、ということと同義であると思いますが、これについて説明できない、ということになります。 

 それで唯物論者であろうが無神論者であろうが、必ず神を求める時がやってくる、それはローム太霊講話集、第七話で、以下のように述べられています。 

幽体が完全に目覚めた時に先ず何を見ようとするかというと…中略…目に映るのは塵埃のない鮮明な景色ばかり…中略…所がそのうちに、段々自分の心の中にさまざまなものが見え出してきて…中略…その時にどうも変だな、自分は死んだのではないかと気が付く位になっていれば、余程確りした霊であるが、これが次に来る非常な寂しさの第一歩となるのである。それは人間がよく言う野原の中に裸(はだか)で立たされたと同じで、どこを向いても心に映るのは荒れ野ばかり、それが生まれたての赤子のような幽体にしみじみと感じられる。初めのうちは誰に縋(すが)るという気持も起こらないが、次第に寂しさが増すにつれて必ずこれまで信仰していたイエスとか釈迦とか観音とか不動とかを心の中で念ずるようになり、それが高(こう)じてくると最後には、どんなに立派な人間として生きてきた者でも、声の限りに叫び出す

 

 この事例は“これまで信仰していた”と前振りがありますが、唯物論者であろうが無神論者であろうが多少宗教などの知識があるから、“最後には、どんなに立派な人間として生きてきた者でも、声の限りに叫び出す”ということを体験させられる、これは生きていた間の自我の肥大ゆえの自分の考え、唯物論無神論は自分の示威行為であったことを自省(胸の磁性“十”)してから思うことである、少々意地悪な言い回しですがこのことをも指摘しておきます。

 

 次回は一般の信仰について、その程度の低さを指摘することとします。

霊的成長ということに対しての認識の無さ

 先回、霊的成長度について以下のように少しだけ述べました。 

 

“上”は“上”であればあるほど、霊的成長度が高ければ高いほど神に近いと言いうるが、“下”は単に霊的成長度が低い(動物に近い)か、あるいは“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)、悪魔に近い、と、定義づけていますが、これは真実と言いうることである

 

 この説明自体、アタシの文章をある程度読んでいただいている方以外は理解できないと思えます。

 

 それはまず、一般(平均的地球人)の認識として、霊的な成長という概念が無い。 

 そもそも「成長」という言葉に対しての一般の方々の認識は、人や動植物が育って、大きくなること、一人前に成熟すること、大人になること、あるいは何かの規模が大きく立派になる、その程度の認識しかないものである。 

 

 こういった認識しか持っていない人に対して、“ほんとう”の進化とは霊的成長、神格化に向かうこと、である、心(靈)が育ち神に近くなるなどという概念を述べても、実感が伴わないものである。 

 それは、心(靈)が育つ、成長する、という概念が希薄、よって一般には霊的成長という言葉を使わないし、意味が理解できていないので使うことが出来えない。 

 さらに、霊的成長の高低があることに気付いている人はとても少ない。 何が神に近いのか、何が悪魔に近いのか解らないし判らない、それ以前に考えたことすらない人がほとんどである。 

 よって自分の心(靈)に“上”と“下”があること事態を理解できない。

 また、たった今の自分の心(靈)の動きが高いか低いかも判別できない。 

 ちなみに心(靈)の構造は、進化において“下”から“上”の心(靈)が発現するものであり、本能、情動、功名心、自我、愛(炁)、創造、知恵、智慧、智性、と分類しうることを著書で述べていますし、その説明のため、地球上の生物で一番発達している脳、目上(めうえ)の脳は、人(日止、霊止)の進化過程、智性(神性)の獲得と行使のためにあり、それは大脳新皮質であり、目下(めした)の脳は、動物の心(靈)の段階、それは大脳旧皮質と古皮質である、という文章を作成しました。

 

 この“上”“下”の相違とその程度を霊的成長度という言い回しをしているのですが、大体、神に対する概念が低すぎ=神が何か解らない、同様に悪魔がなんなのか解らない、よってこの二つを言葉でしか知らず、その意味を真剣に考えたことが無い人がほとんどである。

 

 次回は、今述べた

 

神に対する概念が低すぎ=神が何か解らない、同様に悪魔がなんなのか解らない、よってこの二つを言葉でしか知らず、その意味を真剣に考えたことが無い人がほとんど

 

これについて述べることとします。

新年 明けましておめでとうございます  本年もよろしくお願いいたします

 


 “日月神示”に
神いよいよ烈しく、臣民の性来(しょうらい)によって、臣民の中に神と獣とハッキリ区別せねばならんことになりて来たぞ
という表記があり、その意味は“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意が激しく降り注ぎ、これまで人間がやってきたことの結果をこの事象にはっきり示すものである。
(“神による最後の審判”)。 

 そこにおいて程度の低い人間は、昨年の報道にも幾たびかあった通り、その低さゆえの馬脚をたった今現しており、さらに恨みの連鎖の霊的干渉の現象化(天変地異、戦争、犯罪、事故、病気など)に巻き込まれている(“神の咎め”)、ことに昨年の神職の殺人事件などは“役員づら”、
(形骸の宗教や、アセンションや霊的成長に対し、甘い夢を見させ偽の情報を流すたぐいの人たち、それは悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ)
この程度の低さとその心(靈)の醜さ事態を一般の人に対して見せつけたものであり、その意義は、一般の人々、平均的地球人の霊的成長度における程度の低い認識しか持ちえない程度の低い心(靈)に対して、たった今の世界は偽物だらけであることに気付け、と“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)が示したものである。 

 これらに相対し、ここまで真摯に自分の在り方を鑑みまっとうに生きてきた人間は、同じく“日月神示”表記の
善一筋”(“善(神格化の方向性と智性の受信)”一筋) 
誠一つ”(これまでが不誠実であったからこれに相対した言い回し)
これを実現しうる資質を獲得してこれから(今後=アセンション後に向けて)顕現する。 

 そして少しでも太陽凝視を行っている方は、昨年解釈を行った“日月神示”荒の巻の表記、
日継の意味荷う(ヒツギのイミニナう)
日継は“ひつく”“日津久”=太陽凝視を“行”として行い天意を自分の思想とすること。
絶対光の道(ゼッタイコーのミチ)
“絶対光”は“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意。
そして
智普く基の天の言玉の理(チアマネくキのテンのイワタマのミチ)
この“智普く(チアマネく)”は、智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)、これが“普く”(普遍的)となり、それは
基の天の言玉(キのテンのイワタマ)
“言玉(イワタマ)”は、 “玉”は自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の動きを示し、“言”はこの事象に対する発振、発信、であり、先の“智普く(チアマネく)”と“玉(タマ)”の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)これが、
“基の天(キのテン)”“上”(天)の思惑を顕現する“基(キ)”、それが又生命(生きる使命=存在理由)の法則性、“理(ミチ)”である。 これら自体が高度な“神の恩恵”であることを実感する時が迫っていると思われます。 

 本年もますますブログの文章作成と読者会の活動において、アタシ自身力不足ではありますが、ローム太霊がローム太霊講話集で述べられた天仙の思惑
衆生済度とか真理の探究
衆生とは生きとし生けるもの人間を含むすべての生命、済度は迷う衆生を悟りの境地に導くこと、そして“ほんとう”を求める、これら自体が多くの人間の霊的成長に関与することであり、霊的成長を果たした心(靈)がこの事象に顕現しようとすることそのもの)
これの一端を担っていきたい、と思っております。
 
 児玉登

新カテゴリー「“観察と認識”における“上”と“下”」を立ち上げるにあたって

 著書とブログにおいて“観察と認識”という表記をよく使います。 また“上”と“下”という表記も同様によく使います。 

 “観察と認識”とは、自分が(自分の心(靈)が肉体を通して)相対している一切の事象、これには自分以外、また自分の心(靈)の中、をも含め、常にそれらを、観て、感じ(感じる磁性)、思う、そして心(靈)が動く、その心(靈)の動きは行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)に繋がるものであり、行動して新たな事象を“観察と認識”し、これに並行してその行動の理由と根拠たる自分の心(靈)の動きも、自身が“観察と認識”しており、さらに新たな思索にもつながるものである。 

 こういった行為自体は、一切の生命(生きる使命=存在理由)に共通であり、その一切の生命の霊的成長度の高低において“上”と“下”がある。

 “上”は“上”であればあるほど、霊的成長度が高ければ高いほど神に近いと言いうるが、“下”は単に霊的成長度が低い(動物に近い)か、あるいは“下”(人の霊的成長を望んでいない存在)、悪魔に近い、と、定義づけていますが、これは真実と言いうることである。

  それで、平均的地球人の霊的成長度における“観察と認識”、それは一般常識、既成概念、価値観、幸福感、などに反映しています。 

 しかしながらこれらが低すぎる。 

 それは著書で述べている通り、智性(神性)無き心は“悪(心の動きの本能化と低振動化)”を容認し、自分の低い心(靈)を諌めることなく、自分の目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の欲望中心における損得しか考えていない。

 その結果としてこの星、地球を、恨みの連鎖の霊的干渉の盛んな場(フィールド)にしているものである。

 それは、人間と星の進化の低い段階としてこういう過程はあっても、こういったことは存続をしていかないものである。

 仮にそのままの状態が続くならば、地球上の一切の生命が死に絶え、死んだ生命である心(靈)は悪霊にしかなり得ないし、悪霊もいずれ自省(胸の磁性“十”)して進化(霊的成長、神格化に向かうこと)していくが、それでは次の進化過程(今後=アセンション後)に入る地球に存在することが許されない。

 先に述べたように(たった今の地球の現状)、程度の低い進化過程においては、自我の確立=固定化という心(靈)の進化の過程があるからこそ自分の損得のためにしか“力”を行使しないし、その損得のために“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)を獲得する。 

 だが、これ事態を“上”は容認していないものである。 

 それはこういったことを“上”の存在、“創造”の“主(ヌシ)”から地球を管理している神、これらが“観察と認識”をしている(天の御目(あめのおめ)の意味合いの一つ)からでもある。 

 よって霊的成長度の高低による区分け(“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”と(アセンション後に位置して行く今より霊的進化を果たした)奉仕者)、アセンションという事象が起きうるし、これ事態が神の計画、というよりも、自分たちがやってきたことの結果を蒙る(こうむる)、因果応報、ブーメランの法則、“曲霊(まがつひ)”であり、さらにこれも進化のための法則性(ローム太霊講話集における表記の“法(のり)”の一側面)である。

 

 前後しますが、自分がエネルギーを贖って(あがなって)獲得し、持っている“力”は、自分のために使うのも大事。

 だが“力”は他者への奉仕も考えて使うべきである(“世為人為”(S会=紫光会の経文、四空経録の中の言葉))。こういった発想自体がたった今の地球人には足らなさすぎるものであるし、この自分の損得しか考えない霊的成長度の低い人間(“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”)人間だけでは、先に述べたとおり一切の生命が死に絶えるが、これは神の意図とは違うものである。 

 この神の意図についてはローム太霊講話集、第二話の

何とかしてこの地球を、凡ての人間が不幸から救われて愉快にたのしく暮らせる楽土にしたいという、神自身の本当の気持ち

が理解しやすいし、これに対しローム太霊は

この神の気持ちは人間の心の中にもありながら、それを出す時が余り少ないのであって、その半分も無理であろうが、自分のできる範囲でこの神の心を出せばよい

と述べておられますが、霊的成長度の低い人間には、目先の欲望の達成のための損得しか考えていないので“人間の心の中にもあり”…ある筈の“この神の気持ち”など無視しているものであるし、これこそが自分が少しだけ持っている智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を自分の心(靈)の動きに活かしていないものである。

 

 それでアタシ自身の“観察と認識”、この事象一切を観て思うこと、長年の太陽凝視で平均的地球人よりも多少智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)が高まったので、序文で述べている通り

 

ものの観方の変化と思想や思考の変容があり、さらに心(靈)が育った=霊的成長をある程度果たしたことによる“上”との感応によって、自らが感じ取る外側(外国と幽界)と内面とか内側(心の中と感じている事)の事象の観察を行ないつつ認識したことであり、結果としてその認識(悟り、幸取=さとり)を述べること事態は、ローム太霊講話集の第十八話で太霊が“天仙”に関して述べられておられる以下の文言、

衆生済度とか真理の探究

(注、衆生は生きとし生けるもの、人間を含むすべての生命、済度は迷う衆生を悟りの境地に導くこと)

これに相当するものであるという自負を持っておりますし、これ自体がアタシの生きている間の使命であると思っております” 

この““上”との感応によって、自らが感じ取る外側(外国と幽界)と内面とか内側(心の中と感じている事)の事象の観察を行ないつつ認識したこと

これを述べていく。 

 これがこのカテゴリーの“上”と“下”の意味合いであり、これからしばらくこういった事柄を趣旨として、アタシの認識(悟り、幸取=さとり)を述べていきたいと思っております。

自凝(おのころ)の強化を終えるにあたって 

 自分が鍼灸師という生業(なりわい)を選択し、国家資格を取得するための学校に通い、その学生の頃に経絡(ツボの流れ)が生体内電流の現象であることを知った。 

 そして18歳の誕生日、突然、霊眼(れいがん、憑き物の視覚を共有し、人の目の機能が感じ(感じる磁性)る可視光線以外の電磁波を感じ(感じる磁性)こと)が発動し霊的存在やオーラが見えるようになった。

 その後、太陽凝視を教えてくれたKさんが、様々な霊縁を組んだ“上”の思惑を経てアタシを訪ね、イダ、ピンガラ、クンダリーニの白光、アナハタチャクラ、ヴィシュダチャクラ、アジナーチャクラ、サハスララチャクラ、また全身から発せられるオーラ、これらを観測した。 

 これらの事柄は著書で述べたとおりです。 

 それで著書で紹介した画像はモノクロであり、今回、記憶をたよりに作り直しましたので以下に貼っておきます。 なお、黄色は金色のオーラであり、それ以外はこういった原色に近い形で見えたことを付け加えておきます。

元画像に記憶を足して作り直した画像

f:id:tuyukusanotuyu:20171118155853p:plain

f:id:tuyukusanotuyu:20171118155930j:plain

ちなみに著書で紹介した元画像、上記の画像はこれに記憶を足して作り直しました。

f:id:tuyukusanotuyu:20171118155958j:plain

 

こういったものを見た、自分にとっては青天の霹靂みたいなものであった、そして思うのは…

「これらの事象は自分にとっていったい何だったのだろうか?」

これについて考え、太陽凝視、電気行、月の凝視を行い、また人生においての様々な試練、“上”がアタシに課した課題、これらをこなしつつ“上”と感応しながら(時には迷い、道を踏み外しながら)思索してきた。 

それで、先の経絡(ツボの流れ)が生体内電流の現象である、ここから派生した発想、それはまず、 

  • 骨と神経は電磁石を構成している
  • 生命活動は生体内電流の現象である
  • 生体反応も生体内電流の現象である 

であり、その後発想したこととして 

  • 肉体は一個の大きなコンデンサーである
  • 肉体の各部分、臓器や筋肉なども、電気抵抗値の違う膜に覆われているのでそれらもコンデンサーである
  • 体液は錯体である
  • 肉体が持つ電磁石の構造は、磁束を発現させ、その磁束はローレンツ力となり、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、を止め、心(靈)を発現させている
  • “行”における苦痛や苦悩は、生体内電流の強化である
  • 人生において“上”が課す試練や課題、その苦痛や苦悩も、生体内電流の強化である
  • 肉体は円形加速粒子器の構造を持ち、これがオーラの発振、発信の理由と根拠である
  • 1番目、2番目、3番目のオーラの違いは、円形加速粒子器を構成する肉体各部分の構造の違い(“臓”)と、肉体各部の生命活動と生体反応の違いによるものである
  • 生体内電流の強化と、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、これの高い振動と感応して“気血栄衛(營)”(取り込んだ振動で心(靈)と体が創り変わる)すると、脳のタンパク質の高分子化(高い神霊が使う表記の“山”)となる
  • 自凝(おのころ)は、生体内電流によることであり、同時に微生物から人間への進化において起きていることである
  • 微生物から人間への進化においての自凝(おのころ)、それは心(靈)の発現も、程度の低い本能から、情動、功名心、自我、愛(炁)、創造、知恵、智慧、智性、と認識され得る変容をしているものである
  • 肉体各部の自凝(おのころ)の度合いにより、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、の感応と“気血栄衛(營)”(取り込んだ振動で心(靈)と体が創り変わる)は、違っているが、これが進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の高低である。 
  • 上記の進化過程の高低とは、霊的成長の過程(どれくらい神に近付くか)であり、普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階と言いうる

 

 これらの事柄を思索する過程、これは最近解釈を終えた ローム太霊講話集 第二十六話 仙道と人間の生活 これの

 

人間は変動しない一つの焦点に対して、そのものから凡ての想像を巡(めぐ)らし、それをあらゆる角度にまで持って来る…中略…科学者が一つの点の移動によって線が出来たというのと同じ…中略…この一点自体もやはり一つの仮定であって…中略…常に進化していることには変りないのであって、人間の想像もかくあるべき…中略…過程の上に理論(セオリー)を積み重ねているのが科学であり、想像によって理論(セオリー)推し進めているのが哲学であり宗教であるとするなれば、この相反している二つの焦点が現在いかに遠く離れていようとも、それは同じ一点…中略…その最後は再び一点に合致する…中略…そこに神の意図がある

 

これに一致する点が多々あり、そして先に述べた

「これらの事象は自分にとっていったい何だったのだろうか?」

この答えをアタシが導き出す過程

一点に合致する…中略…そこに神の意図がある”であったと言い得ることが出来ます。

 その答え、これらは、このカテゴリーの“ほんとう”の進化論 生命の存在の意義と意味、これは進化(霊的成長、神格化に向かうこと)であり、進化は結果として、ローム太霊講話集第二十六話の文言

人間として幸福に進んでゆくのが本当

これに繋がっていくものであるし、その“幸福”は霊的成長度の程度の低い人間が思うそれとは違うことを、以下の画像で示します。

f:id:tuyukusanotuyu:20171118160301j:plain

 “ほんとう”の進化は、霊的成長、神格化に向かうこと、であり、進化を果たした人間の世界にはたった今の恨みの連鎖の霊的干渉による醜い事象は無くなる、そして価値観や幸福感も高いものに変容する、それがアセンションの真実である。

 そして人間としての進化の秘訣は、“一”=智性=1番目のオーラにある。 こういったことをこのカテゴリーから読み取っていただければ幸甚です。

 

 次回から新しいカテゴリーを立ち上げ、霊的成長度の高低における“観察と認識”の違い、これを中心に述べることとさせていただきます。

自凝(おのころ)の強化 “その二十五” 1番目のオーラの強化

 先回述べたように、生業(なりわい)の“行”においては頭のオーラはせいぜい2cmぐらいにしかなり得ない(ただし2cmの頭のオーラを持つならば、平均的地球人としてはかなり苦痛や苦悩を味わって育っている方ではある)。

 この低い砌(みぎり)の“行”といいうる生業(なりわい)の“行”が中心の人生から、右往左往と左往右往を繰り返し、自分が間違っていたならば“神の咎め”を受け自省(胸の磁性“十”)する、あるいは生業(なりわい)の“行”において自分の思い通りにならない、あるいは失敗を体験する、なぜ失敗したのだろうか…これらのことを鑑みて、神は存在するのではないか、これが神と人間の関係ではないか、これは神が自分に課した試練ではないか、この試練で自分は育っているのではないか、と“上”の存在を意識し始める。

 こういったことをおぼろげながら考え始めるならば=自省(胸の磁性“十”)した心(靈)で息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)していくならば、それ自体が自分の心(靈)と感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)している様々な霊的存在のうちの“上”との感応になっていくものである。 

 

 前後しますが、低い砌(みぎり)の“行”、生業(なりわい)の“行”を頑張っているうちは、ただただ“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)を行使するための存在としか感応しない、それは感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)の要素もありますがそれ中心ではない場合が多く、単なる憑依現象であることが多い。 

 それはまた、2~3番目のオーラの“行”をしている段階では、その人は霊媒体質であることが多いので、憑依した存在の思惑(多くは動物霊や因縁靈など、そのうち特に“力”を持った存在をローム太霊が述べた奇鬼神と分類してもよい)通りに動いているケースがままある。 その具体例として非常に解りやすい例を挙げれば、若くしてスポーツで活躍し(通貨としての)金と名声を得る、最近の例で解りやすいのは将棋で活躍した10代の人など、こういった人の人生の後半は、必ず脾=“思う、憂う”の強化になっていく、そうしなければその人の心(靈)は育たない。

 

 話を戻し、人生においての右往左往と左往右往において神に対する認識が高まっていくならば、その高まった認識由来の自省(胸の磁性“十”)の心(靈)の息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)と感応する存在は“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)であり、低い砌(みぎり)の“行”で得られなかった認識(悟り、幸取=さとり)を得させようとこれまでとは違う課題を与えるものである。

 また自分の心(靈)を構成している“上”からの振動、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意、これの高い振動と感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)を始めていくものである。 心=霊は、“上”からの振動の取り込みによって形成されているものである。

f:id:tuyukusanotuyu:20161024033107g:plain

その高い振動の取り込みに、肉体の日足(ひたり)の極性が必須である。

f:id:tuyukusanotuyu:20170705171351j:plain

f:id:tuyukusanotuyu:20171016162255j:plain

 

 この高い振動との感応、その取り込み、それにより心(靈)が育っていく、ある程度心(靈)が育ったならばまた人生において“上”はその育った心(靈)に応じた課題を与え(“神は乗り越えられない試練は与えない”、S会=紫光会の交霊会で幾度となく述べられた文言の意味合いの一つ)、苦痛と苦悩を与え悩ませて日足(ひたり)の極性を強くさせることをする。

 それは、神に近付くにはとても長い道(“道”(時間の進行))があるからこそ、この右往左往と左往右往を繰り返すものではあるが、ある程度育ったならば、生業(なりわい)の“行”における程度の低い“善悪”(神格化と、動物化=心の本能化)の認識とは違い、神と人間、神とは何か、神の子である自分とは何か、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)とは何か、について考え(“理(ミチ)”進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の法則性)、その考えを認識(悟り、幸取=さとり)として自分の生き方、存在の在り方、これに対し活かそうとするものである。

 

 その段階に入って、智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)の“行”=太陽凝視をすると、目で取り込んだ光、そして光以上の高い振動(これら一切が神の思惑を情報として伝える手段でありそれはまた荷電粒子である)が、視神経を流れる通常とは違う強固な生体内電流となり、目上(めうえ)の脳のタンパク質の高分子化、タンパク質の高分子化による電気特性の変容を励起し、これは左右の大脳半球の電気容量の変化と言え、結果として目上(めうえ)の脳の水平磁場の強化になり、

f:id:tuyukusanotuyu:20170501115135j:plain

 

脳自体の水平磁場の強化、それは円形粒子加速器の構造の強化、頭部においてのシンクロトロン放射となり得るものである。

f:id:tuyukusanotuyu:20170531015244j:plain

 

これらのことを経ていきながら、人生において真摯な太陽凝視を行うならば、神の思惑という情報を含んだ可視光線以上の振動を取り込み“気血栄衛(營)”(取り込んだ振動で心(靈)と体が創り変わる)し、取り込みながら心(靈)は動き、さらなる進化(霊的成長、神格化に向かうこと)をするものである。

 

 また、この目上(めうえ)の脳のタンパク質の高分子化、自凝(おのころ)、このために太陽凝視はあり、太陽凝視が進めば進むほど心(靈)は育ち、自分自身、神、そして“観察と認識”をする対象の事象、これらに対する認識は高まり、さらに神と人間の関係を理解していく、その具体的な方法であるといえ、またそれは最近“続”で解釈を終えた荒の巻の表記、

“理の極の光の答の山路(大空間)(リのキワミのヒカリのトーのヤマジ)”

この“答(トー)”であると言い得ます。

自凝(おのころ)の強化 “その二十四” 1番目のオーラの強化に入るためのステップ

 今回の記事はここまで述べてきたこととかなり重複します。

 

 たった今の平均的地球人、これは霊的成長度が低いので、まず自分の人生の過ごし方として砌(みぎり)の“行”、生業(なりわい)を頑張る(元の気を張る)。

 またこの時点では、自分の人生において自分がやっていること事態に対し“行”という認識もないものであるし、頑張る理由は自分、あるいは自分の周囲の幸福に由来することであり、さらにその幸福感の低さ(幸福の概念は霊的成長度によって違うものである)ゆえ欲望の達成のため(通貨としての)金と“上”に認められない形骸の名誉を欲し実現しようとする。 

 これは霊的成長度が低い段階の“行”、低い心(靈)の成長の段階であり、その心(靈)の動きは本能、情動、功名心、自我、自分に対する愛(炁)、これらが中心。 

そしてその段階は2~3番目のオーラの“行”でもある。 

 

 だが“上”は人間を育て進化(霊的成長、神格化に向かうこと)させようとしており、ある程度この生業(なりわい)の“行”において頑張らせて、低い幸福感をある程度満足させるが、その次の段階として右往左往=やってみてから失敗を体験させる。

 これは“上”の采配であり、自分の失敗を“神の咎め”として認識させ、それまでの生業(なりわい)の“行”がまっとうなものであったか、自分の人生がまっとうであったか考えさせることをさせて心(靈)を育てる。

 それが左往右往=失敗を体験し、それを教訓として“力”の顕現(砌(みぎり)の行)をすることに繋がり、自分の“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)の使い方、どう使うのが正しいか考える。 

 

 この考える過程において“善悪”(神格化と、動物化=心の本能化)(善と悪の認識も先の幸福同様、霊的成長度において違うものである)の認識も深まっていき、またこの認識自体がしっかり確立された者にならなければ心(靈)が成長したとは言えない。

 さらに“神の咎め”が自分を育てているものであることを認識(悟り、幸取=さとり)したならば、これまで言葉でしか知らなかった神に対する認識も深まっていき、

 

  •  神と人間の関係、神が人間を育てている
  •  自分の人生は心(靈)を育てるためのものである
  •  自分の存在の意義とはそこにあるのではないか…

 

こういったことを考えるようになる。

 

 これらは言葉では理解できるが、言葉で理解しただけでは認識(悟り、幸取=さとり)になり得たとはいえず、その言葉の意味の重大さ、重要な事なのだ、とはっきり解る、解らねばならない、理解でき認識(悟り、幸取=さとり)にならなければ心(靈)が育ったとは言えない。

 また、これら事態が自省(胸の磁性“十”)の“行”でもあり、自分がこの事象においてどう在るべきか考え、その考えのもとに“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)を使う、これが右往左往=やってみてから失敗を体験し、左往右往=失敗を体験し、それを教訓として“力”の顕現(砌(みぎり)の行)をする、ということであり、に入り、さらに霊的成長、神に近付くにはとても長い道(“道”(時間の進行))があるからこそ、この右往左往と左往右往を繰り返すものではあるが、ある程度育ったならば、生業(なりわい)の“行”における程度の低い“善悪”(神格化と、動物化=心の本能化)の認識とは違い、さらに神と人間、神とは何か、神の子である自分とは何か、進化(霊的成長、神格化に向かうこと)とは何か、について考え(“理(ミチ)”進化(霊的成長、神格化に向かうこと)の法則性)、そこ考えを認識(悟り、幸取=さとり)として自分の生き方、存在の在り方、これに対し活かそうとするものである。

 

 この段階に入って進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を求める、これが人間の在り方であることに気付く、自分の存在の意義と意味はそこにある、ということをしっかり認識していかねばならないものでもある。

 またこれ事態が最近読者会の宿題にしている“日月神示”表記の“善一筋”の意味合いの一つでもある。

 

 それで、先に述べた普通の人生における生業(なりわい)の“行”における右往左往と左往右往の繰り返しでは、先回述べたとおり、せいぜい“一”=智性=1番目のオーラは2cmくらいにしかならないが、“日月神示”表記の“富士(二二)”、肉体の二つの磁性、日足(ひたり)と砌(みぎり)、ヨガで言えばイダとピンガラ、太陽の気道と月の気道、その日足(ひたり)の極性は強化され、先回説明した通り左脳にたくさんの電流が流れている状態になり、この段階で太陽凝視に入るならば、“一”=智性=1番目のオーラは強化され、“上”(宇宙の中心と太陽)からの荷電粒子の振動、天意の高い振動と感応し、“気血栄衛(營)”(取り込んだ振動で心(靈)と体が創り変わる)して、心(靈)と肉体は創り替わるものであるが、先に述べた“ほんとう”に進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を求める心(靈)の条件がそろっていなければ、“上”からの振動の高い部分とは感応し得ないで素通りする。

 それは“上”から送られてくる低い振動、結果として2~3番目のオーラの“行”中心であり、余談になるが、かなりまがい物が多い太陽凝視=不食という情報の根拠はここにあり、腹の“行”が進んだならば不食などということも達成しうるものでもある。

 しかしこれ事態が腹の“行”所以の自我の強化であり、それはまた自我の肥大に近く、ただ自分を示したい、自分はすごいのだ、すごいことをやっているのだという示威行為由来の太陽凝視に対する低い見識でしかないものであるし、こういった心(靈)の動き、息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)に感応する動物霊は、著書で述べたとおりあまり食事をとらない爬虫類のようなものが多いと推測されます。

 

 次回も、人の一生における“行”について述べ、“一”=智性=1番目のオーラの拡大について説明することとします。