太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “総括編”

初めての方は、序文 からお読みください。

悪魔に対しての認識の無さ “その四” 悪魔の傀儡(かいらい、くぐつ、操り人形)が“創造”した事象における傾向 “人間の幼稚化”

 あえて説明するまでもなく、恨みの連鎖の霊的干渉を引き起こしているのは、人間や動物、その他自然霊など、を含め、その霊的存在の分類を問わず悪霊である(“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の心(靈))。

 

 それで、悪霊がなぜ悪霊なのか、それは自省(胸の磁性“十”)の心(靈)を持たない智性(神性)無き心(靈)であるからである。 

 悪霊の心(靈)、それは、動物や自然霊の悪霊などは、もともと自省(胸の磁性“十”)がないから自省しない、智性(神性)をあまり持っていない、そういった状態の進化過程であると言いうる。  

 人間の悪霊においては、人間は多少、自省(胸の磁性“十”)や智性(神性)という心(靈)の動きを持っていても、それを行使した考えや行動をしないものであるし、人間が生きているときに、自省(胸の磁性“十”)をしていない、智性(神性)を行使していない、そういった一生を送っているならばそれは、何かのきっかけ(具体的には恨みの連鎖の霊的干渉の現象化)で、簡単に悪霊になり得るものであるし、ほとんどの地球人が悪霊になり得る素地を持っているものである。

 

 この悪霊の心(靈)の動きは、本能、情動、功名心、自我、愛(炁)、創造、知恵、智慧、智性という心(靈)の動きの、自我から“下”、本能、情動、功名心、自我、という心(靈)の動きしか持ちえないものである。

 

 またこういった心(靈)の動きしかないその心(靈)自体を、霊的成長度が低いのである、と著書やブログで定義づけておりますが、これに相対し、霊的成長度が高いならば、自分の考え(心(靈)の動き)や行動をしっかり“観察と認識”して、“善(神格化の方向性と智性の受信)”か“悪(心の動きの本能化と低振動化)”か判断することが出来、“善(神格化の方向性と智性の受信)”の方向性に向かおうとするものである。

 

 この“善(神格化の方向性と智性の受信)”の方向性に向かおうとすること事態が、生命(生きる使命=存在理由)の存在の意味と意義である。

(これに関してはたった今“続”で解釈を行っている“日月神示地震の巻 が理解しやすい)

 

 その、生命の存在の意味と意義、これに関して古神道に伝わっている「“本津宮”(もとつみや)へ帰れ」について述べます。

 「“本津宮”(もとつみや)へ帰れ」これは祓いの言葉であり、“本津宮”(もとつみや)の“本”の意味合いは、胸の磁性“十”と丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)と乚部(いんぶ)(人の思惑の顕現)、そして小さい横棒━(よこぼう、水平磁場)は、その意味合いを強調する、これで構成された字が“本”であり、“津”は中心の意味合い、“宮”は宀(うかんむり、頭の意味)と“呂”で構成され、“呂”は、頭と腹のエネルギーの回転を示す表記、頭と腹は、丿部(へつぶ)(神の思惑の顕現)によって結ばれている、の意味合いがあります。

 これを簡単に説明するならば、生命(生きる使命=存在理由)の存在の意味と意義を自分自身がよく自覚し、自分自身をよく“観察と認識”して、自分自身の“悪(心の動きの本能化と低振動化)”を諌め、“善(神格化の方向性と智性の受信)”の方向性に立ち戻れ、自省(胸の磁性“十”)せよ、であり、悪霊が自省(胸の磁性“十”)したならばそれは悪霊ではなくなる、ということになり得ます。 

 

 ところが、悪霊自身が“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)から通信を受けたり、あるいは厳しい“行”をこなしている霊的成長度の高い存在に祓いの言葉を述べてもらいその息吹(自分の心(靈)が吹く、発振、発信)の感応によって自省(胸の磁性“十”)しようとしたとしても、悪の霊団の構成員となっていたならば、自分以外の悪霊の息吹を受けて感応するから、自省(胸の磁性“十”)の心(靈)が働きにくいものである。 

 またこれは“日月神示地震の巻の表記の“同気”“同類”“同気同一線上”、それは同程度の霊的成長度、そして、同じような心(靈)の動き、に相当するものであるから、悪の霊団においては、その“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の心(靈)の動きは強固なものになり得るし、自省(胸の磁性“十”)や智性(神性)という心(靈)の動きから遠ざかるものである。 

 それでここまで述べたことは、悪霊と“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の霊団のことでしたが、たった今生きている人間にも該当することです。 

 それは、たった今の地球人の平均的霊的成長度の段階は自我の確立=固定化の段階であり、それだからこそ自分のことしか思わない“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”である。

 それゆえ、大概の地球人は、自分の幸福しか考えない薄っぺらい幸福感をもつ、そして毎日が楽しければよい、本能的欲求が満たされることを望む、そしてその達成のため、その裏にある(通貨としての)金に対する執着。

 よってほとんどの地球人は、欺くとか騙すとか嘘をつくとか奪うとかを容認している、真実=真固止、“ほんとう”を求めない、また、なぜ自分は生きているのか、何のために生きているのか、など、自分の存在の意味と意義など考えたことが無い、そんな心(靈)の動きに“善悪”(神格化と、動物化=心の本能化)を鑑みることはなく、鑑みないから“上”(人(日止、霊止)の霊的成長を望む存在)からの通信は素通りするし、本能中心の欲望の達成や低い功名心や自尊心を満足させることばかり考えているから自分の在り方を考えないし、これ事態が、程度の低い心(靈)の動きの悪霊と感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)するになるものである。 

 

 それで、著書やブログで述べている通り、日本を含む経済大国の人間は上記の心(靈)の動きしか持ちえず、自分の在り方を鑑みる素地が薄いと言いうる。

 この“自分の在り方を鑑みる素地が薄い”ならばそれは、先の“悪(心の動きの本能化と低振動化)”の霊団と“同気”“同類”“同気同一線上”であり、たった今もどんどん増えつつある家畜の浮遊霊や飢餓貧困で死んでいる子供の浮遊霊などと感応しており、自省(胸の磁性“十”)と智性(神性)という心(靈)の行使が無くなり、どんどん幼稚になっていく。

 この、人間の幼稚化、これも悪魔の“思惑の顕現”=現象化の一つであり、どんどん悪魔の傀儡を増やす結果になっているということを指摘しておきます。

 

次回も、恨みの連鎖の霊的干渉について述べることとします。