太陽凝視を行っている鍼灸師の話 “総括編”

初めての方は、序文 からお読みください。

神に対しての認識の無さ “その七” “神の咎め”による人間の死

 先回の、「ばちがあたる」に対する認識の低さ」、これは動物から進化して智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を持ち始めたばかりの心(靈)、その進化過程(霊的成長の過程=普遍的に実在する創造主のオーラとの感応共振の段階)の段階において、自分の在り方を鑑みることが出来るようになった。

 

 それゆえ、進化の方向性を見出すため、“神の采配”がある、換言すれば、「ばちがあたる」という事象の遭遇を与えられる資質と資格を持ったという言い方もできうる。 

 

 これが「ばちがあたる」ということの浅い意味と言えるのだが、これを考えている人間はとても少ないし、自分の生き方、在り方にとって重要な事なのだという真摯な捉え方をしていない。

ローム太霊講話集第二十一話、“動物的なあたまの持主”)

 

 そういった人間の心(靈)の動きの現われ、いわゆる行動(現津(あきつ)、観察され得る事象に対する思惑の顕現)、それはただ自分の目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の欲望を満たすために、“力”(力、知恵、知識…学問…能力、そして霊能力を含む)を得る努力をして頑張る(元の気を張る)、結果として(通貨としての)金や形骸の権威を得てそれを行使する。 またこれすらも頑張れないもっと程度の低い人間も多い。

 

 その霊的成長度の心(靈)に対し、ある程度進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を果たした高い存在は、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”と呼称するし、これが平均的地球人の心(靈)の動きを言い表わした妥当な表現と言えるものであり、これ事態が平均的地球人の現状であり、その霊的成長度は程度が低い。

 その霊的成長度の人間が、たった今のこの世界や文明を崩壊させるものである。 

 それゆえ、今後=アセンション後の事象の“創造”に参加する資格と資質が無いと指摘しうる。

 それは平均的地球人の心(靈)が、“われよし”“自己奉仕者”“自分に対する愛(炁)しか発現していない人”であり、この心(靈)の動きが恨みの連鎖の霊的干渉を増大させ。、ますますこの世界を腐らせている心(靈)の動きであることを、著書で述べました。 参考のため、著書の<4>と<5>の帯文の画像を貼っておきます。

f:id:tuyukusanotuyu:20180807162937p:plain

 

f:id:tuyukusanotuyu:20180807162958p:plain

 

 それで先の

動物から進化して智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を持ち始めたばかりの心(靈)

これまでの多くの人間の進化はこの段階であったが、智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を少し持ち始めても、目下(めした)(動物の心(靈)の段階)の心(靈)の行使しかしない、自分の生き方や在り方を考えない、考えないから“神の采配”として「ばちがあたる」という事象に遭遇するが、その際にも自分の在り方や生き方を考えない、あるいは少し考えても無視している。

 

 こういった心(靈)の動きをしているならば、これはもう生かしておく必要性が無い。

 それは、人生を継続するにあたり“上”が許可し得ないほどの“道”(時間の進行)“理(ミチ)”(法則性)に外れた思想や行動をしているなら、死んで、閻魔の庁の浄玻璃の鏡(えんまのちょうのじょうはりのかがみ)を観させて自省(胸の磁性“十”)を促すことをさせる。

 

 この“生かしておく必要性が無い”、換言すれば神が人間を殺す、死なせて自省(胸の磁性“十”)の“行”をさせる、ということであるが、ここまでのことを考えうる人間もとても少ない。 

しかしながら智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を持ち始めた人間はこれを考えるべきである。

 よって、たった今自分にとって良くないことが起きているのなら、“神の采配”としての“神の咎め”であることを考えるべきであるし、そこで自分の生き方在り方を考えないで目前の事象から逃避する、忘れようとするならば、“生かしておく必要性が無い”ということになり得るのだと知っておくべきである。

 

 この事を示した文言として、以前、読者会の宿題とした、徳間書店「宇宙人との遭遇」46ページ、プレアデス人のセムジャーゼが、エドアルド・マイヤに語った内容。

「すべての上に立つ唯一の者が、個々の創造物を支配する生と死の力を所有しているのです。 それは、すべてを支配する法則を決める創造主なのです。 それらの法則は犯すことができず、それ自身永久に正しいものなのです。 私たちがそれらの法則を探し求めるときには、自然にそれらを理解できるのです。法則は人に生きる道を示し、その道は精神的な偉大さへの道であり、生命の真の目的を具現化する道なのです」

 

 この“すべての上に立つ唯一の者”そして“すべてを支配する法則を決める創造主”、これが“法則を決め”そして“法則は犯すことができず、それ自身永久に正しい”、これに反したら“個々の創造物を支配する生と死の力”により、先の“神が人間を殺す”、ということをさせ得る。

その目的は“法則は人に生きる道を示し、その道は精神的な偉大さへの道であり、生命の真の目的を具現化する道”、これは進化(霊的成長、神格化に向かうこと)を換言した言い回しであるといえ、たった今の地球人は

動物から進化して智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を持ち始めた”=自分の生き方と在り方を考えることが出来るようになった。 

 それを“私たちがそれらの法則を探し求めるときには、自然にそれらを理解できる”と称されており、これを考えろ、“法則を探し求める”ことをせよ。

 

 それは、智性(神性)(“一”、1番目のオーラ)(日を知る性質)を行使すべく人間は、常に自分の生き方とあり方を考え、“上”と感応共振(同調と、取り込んだ振動の増幅)して、さらに智性(神性)をましつつ、<5>の帯文で述べたように、神の計画としての今後=アセンション後の事象に移行すべく資格と資質を獲得するべきである、ここまで述べたことが理解できる心(靈)の持ち主には、こう在って欲しい、というアタシの希望を述べておきます。